dADa since 1916 →→

ダダイズム誕生100年

dADa since 1916 →→

ダダイズム誕生100年

07月26日-07月26日、晴れたら空に豆まいて、代官山

『天・地・花』

上野雄次(花生け)、下野誠一郎(瞑想)、ママドゥ・ドゥンビア(コラ演奏)
田内万里夫(曼荼羅図)、WANDERING(ハーブ提供)、松村宗亮(茶の湯)
世界大戦後の虚無感を包含するダダイズムによせて、再生の象徴である草花をテーマに、創造と革新のための自由な心を取り戻すイベント。
ナバホ族が儀式に使うハーブを焚き、頭頂から天へ木の幹を伸ばす「樹音」瞑想。
戦国時代、武将が会議の時に意識を覚醒させるために呑んだ茶の湯。
コラの生演奏、花生けと曼荼羅図を描くライブ・パフォーマンスと茶の湯のお手前のコラージュ・オブ・ライブ・パフォーマンス。
『Cosmos・Earth・Flower』
July 26 (Tue.) Mameromantic, Daikanyama
Yuji Ueno (Ikebana), Seiichiro Shimono (Meditation), Mamadou Doumbia (Kora), Mario Tauchi (Mandala Painting), WANDERING (Herb), Souryou Matsumura (Chanoyu)
A live event incorporating meditation with herbs used in Navajo rituals, a tea ceremony, a kora performance, hana-ike and mandala painting. The meditation process that visualizes branches reaching from the head to the heavens will be performed.

http://mameromantic.com/