dADa since 1916 →→

ダダイズム誕生100年

dADa since 1916 →→

ダダイズム誕生100年

09月07日-09月07日、ドイツ文化会館ホール

アニタ・フギとダヴィット・デュフレンヌによるインタラクティヴ・ウェブドキュメンテーション

アニタ・フギとダヴィット・デュフレンヌの「ダダ・データ」は、DADA Hacktionsという名のもと展開されるインタラクティヴな企画をまとめたデジタル・ワーク。このオンライン・アンチ・ミュージアムはSRG、SSR、AARTEの制作のもとAkufen Studioがスタートさせたもので、ダダ企画の貯蔵庫的な役割を果たす。ブルーノ・ショワニエール&クリスティアン・レベルによるプレゼンテーションが行われる。
Presentation: DADA-DATA; interactive Webdok
with Bruno Choinière und Christian Lebel
September 7 (Wed.) 18:00 Hall of the Goethe-Institut
DADA-DATA is a digital project of Anita Hugi and David Dufresne which is accompanied by various digital „DADA-Hacktions“. The webdoc offers an introduction to DADA and DATA and provides an interactive discovery. The project was realized by the designers Bruno Choinière and Christian Lebel of the studio Akufen and produced by SRG SSR and ARTE.