dADa since 1916 →→

ダダイズム誕生100年

dADa since 1916 →→

ダダイズム誕生100年

dADa100 Tokyo

dada100_image

歴史を紐解くと、創造性は、不安が大きく高まる時代に、爆発的に起きています。ダダ運動は、第一次大戦の戦場に、何百万という多くのヨーロッパの若者たちが駆り出された人類にとって悲劇の時代に生まれました。一部の芸術家や活動家にとって、戦争の不条理と自分たちの置かれた時代の狂気は、ユーモアと創造的な抽象的概念をもって挑まずにはいられないものだったのです。彼らは、自由な実験が許される中立国スイスに、逃げ場をみいだしました。

 

ダダが生まれたのは、チューリヒのキャバレー・ヴォルテール。社会の不条理を嘲笑した18世紀のフランスの思想家から名前をとったこのキャバレーは、若い芸術家や作家たちが集まる場所でした。あまり長くは続かなかったものの、フーゴ・バルとエミー・ヘニングスによって設立されたキャバレー・ヴォルテールは、様々な国籍を持つ人々のるつぼとなり、社会の枠を越え、時代の秩序を脱構築する、革新的芸術性の高いアイディアを生み出す格好の場となりました。

 

戦争の終結とともに、ダダイストたちは世界の芸術の中心地に、自分たちの「ラディカル」な思想を広めるべく、世界中に散っていきました。初めてのグローバルで概念的なアート・ムーヴメントとして、彼らの目的は芸術的に美しいものを作ることではなく、難解な社会問題や芸術の目的に疑問を投げかけることでした。彼らが築いた数ある拠点の中でも、特に、パリ、ベルリン、ニューヨークそして東京では無意味な詩、画期的な文学、ビジュアルや音楽的なパフォーマンスが、アートシーンに強力かつ長期的な影響を与えました。

 

初期のダダの出現が、世界を創造の旅に送り出し、また後戻りする事のない芸術の変化をもたらしてから、100年が経ちました。ダダはシュールレアリズム、ポップアート、コンセプチュアルアートや現代アートを生む足がかりとなり、さらにフルクサスとネオダダを生み出しました。同時期にジャズが起こったのは偶然ではありません。多くの芸術運動が生まれては消えていく中、ダダは今もなお若々しく、フレッシュで未熟ですらあります。ダダはその意義、つまり芸術家にとってのグローバルで普遍的なインスピレーションを失っていません。

 

東京では、きわめて独創的な「マヴォ」というダダのムーヴメントが1923年に生まれ今日に至っています。そうした街が、ダダイズムの遺産と影響を祝う世界の首都の地図に載っているのは当然のことです。今年、東京では、創造的な発想を持つ人々にオープン、かつ発想の方向転換を促すことを目指して、ダダの周年事業が開催されます。ダダイストたちは、自発的なつながりと偶然の出会いを通じて、芸術作品に新たな「機会」を盛り込みました。今回のダダフェスティバルの組織構成も同様、多数の芸術団体が観客の先入観に挑む、型破りなイベントを提案するという大きな賭けを試みています。

 

フェスティバルの中核となるのは、数年にわたり東京の中心にて実験的なライブスペースを提供してきたスーパーデラックスにて実現する「キャバレー・ヴォルテール」。ダダ発祥の地の雰囲気を再現したユニークな会場で、一週間にわたり(7月12日~18日)、ダンス、音楽や詩など画期的なパフォーマンスを体験する事ができます。

 

代官山の「晴れたら空に豆まいて」では、日本の伝統芸能とダダの精神的な関係性を探求するライブパフォーマンス(7月26日)、無声映画(7月11日)、落語をテーマにしたイベント(8月18日)そして書とダンスのコラボレーション(8月20日)などが開催されます。「The Container」では現在のデジタルおよび仮想的な存在から生まれた包括的な詩が発表されるほか(7月18日~10月3日)、「アンスティチュ・フランセ東京」では深宇宙から受信された初めての宇宙詩や日本初のダダパフォーマンスの再演を体験することができます。

 

(7月15日)アートスペースの「ASAKUSA」では、「敵対と融和」をテーマにトマス・ヒルシュホルンの「モニュメント」シリーズを展示。近年のアートにおける地域コミュニティーとの協働と関与についての取り組みを考察します(7月21日~8月21日)。ダダイズムとフダンシズムの社会的な影響について焦点を当てるパフォーマンス(7月14日)と展示(7月9日~17日)が豊島区の「Dust Bunny」にて開かれます。

 

「早稲田大学會津八一博物館」では、ダダの創始者ツァラの軌跡をたどる展覧会(7月29日~8月7日)が開催され、初版オリジナルなどダダに関連した資料が紹介されます。

「国立新美術館アートライブラリー」では、日本のダダの需要と関連の深い資料が展示。(7月6日~10月6日)、「トーキョーワンダーサイトレジデンス」では、今日の社会においてのダダとのかかわりについての対談が行われ、レジデンス中の海外からのアーティストも参加します(7月24日)。豊洲シビックセンターホールではキャバレー・ヴォルテールにて演奏された作曲家の作品を集めたプログラムによるピアノコンサートが開かれます(7月8日)。

 

横浜ではイメージフォーラムにより、フルックス・フィルムが特別上映されます。(7月16日ー18日)「スパイラル」では、現代社会に影響を及ぼしたダダを取り上げ、現代詩や演劇を発表するほか、ダダショップにて特別な展示が開かれます(8月4日~14日)。

 

周年事業のしめを飾るのが「東京ドイツ文化会館」にて開催される「ダダ ハッケン」。ダダイズムの社会的実験を取り上げ、「抵抗、革命と創造」と題し、映画上映、パフォーマンスやコンサートが催されます(9月6日~29日)。

 

本紙はダダイズムが今日の芸術に残したもの、人々が愛する文化に与えた影響や今日の関連性などを取り上げ、日本で開催されるダダ100周年のために特別に発行されたものです。国内外の様々なアーティストや作家の方々からオリジナル作品やステートメントをお寄せいただきました。「ダダ」の精神を皆様に感じていただければ光栄です。

Throughout history, bursts of creativity often happened in times of turmoil. The Dada movement emerged from a human tragedy, when millions of young Europeans were sent to the battlefields of the First World War. For some artists and activists, the absurdity of war and the madness of their era had to be challenged with humor and creative abstraction. They found refuge in neutral Switzerland where they could give free reign to their desire for experimentation.

 

Dada was born at the Cabaret Voltaire in Zurich,a gathering place for these young artists and writers, named after the 18th century French satirist Voltaire, who mocked the absurdities of his society. Founded by Hugo Ball and companion Emmy Hennings, it became, during its relatively short life-span, a melting-pot of nationalities and a fertile ground for revolutionary artistic ideas, pushing the boundaries of society and deconstructing the establishment of the time.

 

Once the war was over, the Dadaists spread around the world to propagate their radical ideas to the major art capitals of the world. As the first global and conceptual art movement, their aim was not to make aesthetically appealing objects but to question difficult societal issues and the role of art. They founded branches in – amongst other places – Paris, Berlin, New York and Tokyo, where their poetic nonsense and groundbreaking literary, visual and musical performances had a powerful and lasting impact on the cultural scenes.

 

It has been 100 years since the initial Dada outburst sent the world on a creative journey and changed art irrevocably. Dada formed the stepping stone for the emergence of Conceptual art, Surrealism, Pop Art, and Modern Performance Art – it brought to life Fluxus and Neo Dada. It is not by accident that Jazz emerged at the same time. While other art movements came and went, Dada is still young, fresh and somewhat juvenile; it has not lost its relevance – a global and universal inspiration to artists.

 

It is natural that Tokyo, which from 1923 onward had its own highly inventive Dada movement,«Mavo», will be on the map of world capitals celebrating the legacy and influence of Dadaism.Tokyo will mark this anniversary in the spirit of Dada: open to all creative minds and with the goal of encouraging their thoughts to change direction. The Dadaists were the first to incorporate chance into their artistic creations, which parallels how the Dada festival came together– through spontaneous connections and accidental encounters. Multiple art institutions have taken the gamble to propose unconventional events that will challenge the audience’s preconceptions.

 

A centerpiece of the program will be the Cabaret Voltaire at the SuperDeluxe, which for many years has offered a space for experimentation in the heart of Tokyo. For an entire week (Jul 12–18), art-enthusiasts will have the opportunity to feel the atmosphere of the birthplace of Dadaism in a uniquely transformed space with groundbreaking performances of dance, music and poetry.

 

In Daikanyama, Art space Mameromantic will explore the spiritual connections between traditional Japanese arts and Dadaism, featuring a tea ceremony (Jul 26), silent films (Jul 11), a Rakugo play (Aug 18) and meditation and dance (Aug 20) while the Container, will explore the generic poetry of our current digital and virtual existence (Jul 18–Oct 3). The Institut français du Japon in Iidabashi will showcase the very first artwork that was launched into deep space (Jul 15).

 

Asakusa art space will be dedicated to the theme of «radical democracy» with an exhibition based on Thomas Hirschhorn’s «Monument» series,introducing recent art practices that criticallyengage with society (Jul 21–Aug 21). The social influences of Dadaism and Fudanshizm will be the focus of a performance (Jul14) and an exhibition at Dust Bunny in Toshima (Jul 9–Jul 17).

 

Original Dada artifacts will be exhibited at the Waseda University Aizu Museum, retracing the trajectory of one of its founders, Tristan Tzara (Jun29–Aug 7), while the National Art Center will exhibit its collection of books and catalogues focusing on how Dada was introduced in Japan (Jul6–Oct 17). Toyosu Civic Center Hall will hold a piano performance featuring music played at the Cabaret Voltaire (Jul 8) and the heritage of Dadaism will be discussed at a public event with local and overseas resident artists at the Tokyo Wonder Site Residency in Sumidaku (Jul 24).

 

In Yokohama, Image Forum will hold a special program introducing Fluxus films (Jul 16 – July 18). The influence of Dada on contemporary society will be the emphasis of the program at Spiral (WacoalArt Center) in Omotesando, featuring contemporary poetry, drama and a special exhibition with a Dada shop (Aug 4–14). «Dada Hacken» at the Goethe Institut Tokyo in Akasaka will provide a beautiful closing to the celebrations with a program dedicated to Dadaism as a social experiment containing films screenings, performances and concerts: «Resistance, revolution and creation» (Sep 6–Sep 29).

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…….

website by so+ba and genre